‘ToyDigitalCamera’ カテゴリーのアーカイブ

「CP+」に今年も行ってきました〜

2011年2月11日 金曜日

DSC_0097

カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+」に今年も行ってきました。

僕が行ったのは初日の9日。平日だったのでゆっくり見ることができるかなと思っていましたが、予想以上の人でビックリしました。

受付を済ませてまず向かったのは「ギズモショップ」のブース。お目当てはもちろん期待のトイデジ”GIZMON HALF D“。

DSC_0103

DSC_0106

いや〜ちっさくてカッコイイ! あと軽っ!! 

「CAMERAtanのモロコシです〜」と告げると清家社長が! やっとお会いできた〜! 
清家さんやトイカメラ専門の現像所「トイラボ」のスタッフさんからCAMERAtanに関するエピソードを聞けたりしてとても楽しかったです☆

さて! この”GIZMON HALF D”。
なんと言っても撮像素子とレンズが「iPhone 3G」と同じっていうのがすごく興味深いです。
僕個人的にiPhone 3Gのレンズってすごくトイデジしてて好きなんですよ。今はiPhone 4があるので、iPhone 3Gを持ち歩いたりしないのですが、形は違えど再びあのレンズを持ったカメラを持ち歩けると思うとアガります!

GIZMON HALF Dのカラーモードは10種類もあり、内容もVIVIDや、セピアなどお馴染みのカラーに加え、みんな大好きCROSS PROCESSや紙焼きしたようなノイズが魅力的だったCOLOR NOISEなど素敵なカラーモードが沢山! MORIYAMAってネームの付け方にCAMERAtan以上のものを感じて超好印象(笑)

DSC_0105

清家さん直々に”GIZMON HALF D”の面白さを教えて頂きましたよ。(すいません。ピントが。。。)iPadとappleTVを自然に使っていたのが印象的でした。

あと、このGIZMON HALF D。GIZMONのレンズが使えるんですよね! GIZMONのトイデジなのだから当たり前っちゃ当たり前だし、デジハリやVQにもマウントリング貼ったりして普通に撮影していましたけど、なんか純正って感じが強烈なワクワク感を生んでます。あ〜今すぐ欲しい(笑)

DSC_0110

ギズモショップのブースにはトイカメ、トイデジはもちろんiPhone用のレンズも展示してますので、CP+に行く予定のiPhoneユーザーの方はぜひ遊びに行ってみましょう! iPhoneで写真撮るのがもっと楽しくなりますよ〜♪

大満足でギズモショップを後にし、しばしVoigtländerのレンズやBESSA R4Mを眺めてヨダレを垂らしたり、FUJIFILMのX100を30分並んで触ったり、ちょっと見て帰るつもりが気がつけば夕方。ポパイカメラに寄って退店するときにはすでに闇。。。

DSC_0135

DSC_0125

DSC_0177

あ〜欲しいカメラがたくさん。もっと撮りに行かなきゃ!って思いました。
CP+は12日(土)までです。興味ある方はぜひ〜!

VQ1015 R2で試し撮り

2010年2月18日 木曜日


 次の休日まで待てば良い物を、待てなかったので近所で試し撮りしてきました。設定は全部オート。「は?」と思うかもしれないですね。R2の売りは選べるシャッタースピードなので。しかしこのシャッタースピードの設定がなかなか難しい。何枚か試したのですが、クイックで撮った物は全部暗くなってしまったし、スローだと昼間なので当然真っ白。これは時間に余裕があるときに試すしかない! ってことで今回はオートの物だけをアップ。






 ガラス混じりのレンズ効果か写りが劇的にクリアになってます。あと全体的にシャープ。白飛びはもともと味だと思うんですけど、クリアさも加味されて非常にあっさりとした色味になってます。トンネル効果はうっすらで、わざとらしいのが苦手な人には良いかも知れません。さて、続きまして前世代機であるVQ1015 Enteyの写真をアップ。






 全然違いますね。好き嫌いはあって当然ですし、お互いに良いところがあります。でもEntryの個性! これが僕は好きなんだなと再確認しました。R2ももちろん活用しますけど。

 ”WELCOME TO THE VQ WORLD”。これがR2のキャッチです。まだVQを持ってない人にとって、とても良いトイデジだと思います。価格もトイの価格だし、色味が破綻することもないので撮影も楽です。iPhoneでトイカメラに興味を持ったけどフィルムはなぁという方! いいですよー。

VQ1015 R2届きましたよー

2010年2月17日 水曜日


 ギリギリまで悩んだけど先行販売が始まる18:00前にはしっかりMacの前で正座して待っていたファン待望のトイデジVQ1015 R2。さっそく届きましたよ! 先に申し上げますと…午後1に爆睡してたので郵便を知らせるチャイムに気づかず、届いたのが夕方(しかも絶賛曇天中)だったので写真を撮れませんでした…。

 VQ1015の第2世代にあたるこのR2の主な売りはVQ1015 ENTRYと比べ約30%CMOSセンサーが大きくなった(データの質が良くなるらしい)。レンズにガラスが混じって画質がクリアになった。3つのシャッタースピードを選べる。の3つ。


 今回選んだ色はスノー。このボディに意外と合っている…というかカッコイイでしょコレ! カッター必須のブリスターパックではなく可愛いバッグに入っているのも良いですね。小さいトイデジなら4個くらいは入りそうだし、VQは電池大食いなのでスペアの電池を一緒に入れておけて重宝しそうです。

 外が晴れたらしっかり撮ってVQ1015 ENTRYとの比較なんかもやってみたいと思います!

トイデジ持って箱根へ〜

2009年11月16日 月曜日

PICT0020.JPG
 良く晴れていたので「これはもったいない!」と朝早く起きて箱根へ行ってきました。

 持っていたカメラはデジタルりすカメラ、VQ1015entry、学研のGakkenflex、そしてiPhone。VQ1015難しかったですね〜。全然思い通りに撮れてなかった。VQ1015は後日みっちり練習するとして今回はデジタルりすカメラを主役で行きました。

PICT0033.JPG
 肝心の紅葉は残念ながらまだ少し早いかなといった感じ。まだまだ撮影チャンスはありそうなので楽しみです。先日イベントに行ったこともありデジタルりすカメラが可愛くてしかたないです。トイデジ最高。

PICT0041.JPG
デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz
デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz

DIGITAL HARINEZUMI 2 YOU!展に行ってきました

2009年11月15日 日曜日

PICT0012.JPG
※店員さんに撮影・ブログ掲載許可をいただきました。

 さて早速本日行ってきました。僕はてっきりデジタルハリネズミ・シリーズだけ展示や販売をしてるのかと思ったら、各種トイカメラも置いてあったりしてちょっとしたトイカメラ屋さんの様な雰囲気で楽しかったです。

 それにしても過去のデジハリ・シリーズ良かったな〜。デジタル花ハリネズミ欲しい…けどガマンだ。

IMG_1043.JPG
 とりあえずデジタルりすカメラのピンバッチと来年発売の専用ケースを予約購入してきました。(全額前金)

 とにかくカラフルでかわいいトイデジ。渋谷に行ったら是非「DIGITAL HARINEZUMI 2 YOU!」に寄ってみてください。目移りしちゃいますよ。

(注)普通のカメラを忘れてしまってデジタルりすカメラ(上)とCAMERAtan(下)で撮りました。室内で綺麗に撮れるスキルが欲しい…

DIGITAL HARINEZUMI 2 YOU! タイトルかわええ〜!

2009年11月14日 土曜日

 以前デジタルハリネズミ(りすカメラ)を買いましたが、デジタルハリネズミ2なんてのが出るそうです。今イベントやってますよ!

DIGITAL HARINEZUMI 2 YOU!
場所:渋谷パルコ パート1 B1のLOGOS GALLERY。
期間:2009年11月12日(木)-2009年11月24日(火)※会期中無休
10:00am – 9:00pm※最終日は5:00pmにて終了

 個人的には「世界中のミュージシャン、アーティストたちによる写真の展示とヴィジョンでのムービー上映」ってのが非常に気になります。

 問題は財布の紐の緩みですが、堅めに締めると見せかけて行こうと思います。


*************

 おかげさまでCAMERAsanカテゴリーランク8位です! いつ順位が落ちるか分からないので証拠として画像を貼っておきますw

 最後にCAMERAtanですが、先日マイナーアップ版をSubmitしました。内容は無料版ONLYエフェクトの全移植です。もうしばらくお待ち下さい。

【デジタルハリネズミ】デジタルりすカメラで写真を撮ってみました

2009年10月19日 月曜日


早速近所で写真を撮ってみました。(外観レビューはコチラ)


 個体差が結構あるみたいですが、僕のはそこまで赤かぶりしてません。


 白は飛ぶどころか爆発しますw


 周辺減光は環境しだいですね。全く減光しないと寂しいですが、僕はこのくらいも好きです。


 マクロモード。まさかここまで撮れると思わなかったので嬉しい誤算♪


 やってみたかった「ゲラり」撮影。撮影時に軽くカメラを振るとグニャグニャ画像が簡単に撮れて楽しい。

他の写真はコチラ

 度胸のいるお値段だけあって高画質。あと撮影後に写真が確認できるのは凄く便利です。電池もかなり持ってくれます。(数時間気まぐれスナップをして、まだアイコンはフル表示のまま)

 普通のデジカメに飽きたらぜひトイデジを! あとCAMERAtanを!


デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz
デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz

ゆかいなトイデジ、【デジタルハリネズミ】デジタルりすカメラ購入!

2009年10月18日 日曜日

 トイカメラの写りをデジカメで気軽に遊べるトイデジ。DIGITAL HARINEZUMI【デジタルハリネズミ】
開発はトイカメラの老舗SuperHeadz。ちょっと前に渋谷のトイカメラ屋さんCameraCabaretで一目惚れしたカメラです。

 かわいいな〜。とは思ったものの、結構な金額だったので、その日は触らせてもたっらり、サンプルを見たりしただけで帰宅。その後数回ウィンドウショッピングをエンジョイしていたのですが、今日見たら数が激減していたので慌てて購入しました。(余裕かましてVQ1015の限定色逃して死ぬほど後悔した経験ありなので…)


 そのまんまハリネズミでも良かったのですが、ほっとくと持ち物が全部クロ系になってしまう僕は、ピンク(リス)を購入。リスかわいいよリス。


開封の儀。かわいい…。


登場! 110フィルムを踏襲したデザインがかわいい…。というかこのデザイン凄く好き! 質感は安っぽくなく、手にもしっくり馴染みます。


うしろ姿。かわいい…。スクリーンは撮影後の写真が確認できるだけでライブビューはありません。トイカメラですから、何が写るかわからないのが魅力なわけです。


ビューファインダー! かわいい…。ちなみに狙いどおりにはなりませんw


底面。向かって左の収納に電池+microSD。マクロ撮影にも対応。かわいい…。


買ってすぐ撮影をスタート出来るようにアクセサリーキットも販売されていました。(CR2+microSD2Gのセットです。)かわい…くはないか。


 店員さんの話だと結構電池は持つとのこと(VQシリーズと比べて)。とはいえパシャパシャ撮るなら充電式を探した方がいいかも。

 フィルム代がかからない点、カメラ自体の気まぐれさ。トイデジ大好きになりそうです。キレイに撮れないなら撮れるまで続ける必要があるため、最近のコンデジに慣れていると最初は戸惑いますが、すぐに魅了されますよ。

 DIGITAL HARINEZUMIはライブビューには対応していませんが、撮影後の写真は確認できるので最初のトイデジにぴったりかも。


 さて今度は早速撮影してみようと思います! 超センスがない事を、あらかじめ宣言しておきます(^^;) レイドバック! レイドバック!(写真のレビューはコチラ


デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz
デジタルハリネズミ Digital Harinezumi トイカメラ-superheadz