INStan Pocketのジェスチャー解説


INStan Pocketはモニターを付け替えてトイカメラ/モノクロのエフェクトを切り替えます。この時、ボタン操作ではなく画面をスワイプさせるジェスチャーが必要になります。
また、カメラの前側と後ろ側の切り替えもスワイプが必要です。

操作に慣れると本当にトイデジを扱っているような感覚になれるジェスチャー。今日はジェスチャーについて説明したいと思います。

モニターの付け替え


アプリを立ち上げると、まずカメラの後ろ側が表示されます。点線でくくられたエリア(※ver.1.3から上下スワイプに反応する領域を増やしました。)を「下から上」へスワイプするとモニターが外れます。この状態をファインダーレスと言い、あえて適当な撮影を楽しむファインダーレス撮影ができます。


次にモニターを切り替えます。点線でくくられたエリアを「左右」にスワイプするとモニターが切り替わります。目的のモニターを選んだら、外したときとは逆に「上から下」へスワイプしてモニターを取り付けます。


モニターの付け替えの説明は以上です。

カメラの前側と後ろ側の切り替え


iPhoneの画面がINStan Pocketの後ろ側を表示している場合、点線でくくられたエリアを「右から左」へスワイプするとカメラの前側に切り替わります。カメラの前側ではフォーマットやセルフシャッターなどの設定を変更することができます。設定が終わったらカメラの後ろ側に戻りましょう。今度は点線でくくられたエリアを「左から右」へスワイプします。カメラの前側と後ろ側の切り替えの説明は以上です。

最初はちょっと面倒かも知れませんが、慣れればボタン操作より自然に扱えると思います。より多くの人に使っていただけるように、これからちょっとずつ機能の紹介をしてみようと思います。ぜひトイデジライフを楽しんでください!

コメント / トラックバック1件

  1. […]  そして今回は操作に関しても開発者ブログで詳細が公開されています。なんか操作がわからないと思ったら見てみることをおすすめします。 ● INStan Pocketのジェスチャー解説 « MorokoshiMan_blog […]

コメントをどうぞ