「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!」 の見本誌を頂いた!




帯のキャッチに注目!
「いいね!」がもらえる写真を撮りませんか?

Instagram、Facebook、miil。などなどなど。
も〜みんなが当たり前のように利用してるSNS。どうせなら前より上手く撮りたいし「いいね!」もたくさん欲しい。けど上手く撮る方法がよく分からなかったりします。

上手い人の写真を素敵だな〜と思う事はできても、いざ自分でってなると、どう撮っていいのか分からなくなったりしませんか? 僕はしょっちゅう。もう何が何だか。

昨日 @snap_magazine さんに「CAMERAtanが載ってる」って事で見本誌を頂いた「今すぐカッコいい写真が撮れる77のヒント!(鈴木編集長のblog)」 。部屋でパラパラ見てたらiPhone→デジカメの流れの人はもれなく全員ターゲットの良い本でした。この一冊でカメラ趣味がもっと楽しく豊かになると思います。



本編は2ページ進行でテンポ良くすいすい進みます。
まず1ページ目にど〜んと作例。対抗ページに解説と応用が載ってます。

作例を見ていて一番最初に思ったこと。
「自分も前に同じ様な写真を撮ってるなぁ〜」って。でも作例と自分の写真、どちらが良いかと問われれば作例を選ぶ。
う〜。なぜだろう??

答えは各解説ページに書いてありました。カメラを持って出かけると良く出会う何気ない景色。その時どこを見て何を意識するか。簡単な演出で写真はレベルアップするんですね。確かに「いいね!」もらえるかも!



巻頭の機能編は最近デジカメを買ったiPhoneユーザー必読の内容になっています。やっぱり自分の大切なカメラがどんな種類のカメラで、どんな特徴があって何ができるのか知っておくとカメラに対する姿勢も変わってきますよね〜。
ミラーレスって何だ??? とかとかとか。

あとは、絞り・シャッタースピード・ISO。ピント・露出・ホワイトバランスといった説明が難しい事も、写真とイラストを多用して
短く分かりやすく纏められていて初心者にとっても優しいです。

マニュアル撮影が出来るコンデジを初めて買った数年前にこの本があればな〜って思いました。
あと中面のイラストが異常に上手いのがツボりました。

コメントをどうぞ