Auto Focusをロックして、もっとトイカメラっぽく写真を撮る!



今までほぼ放置していた機能の使い方をいくつか紹介します。今回は「Auto Focusロック(以下AFロック)」です。黄色いモニターの右側にある「AFボタン」。かなり目立つ所にある重要な機能なのですが、これ…ただ押しただけでは何も変化しません

INStanPocket(iPhone)のフォーカスは「コンティニュアスAF」と言って、動いている被写体に焦点を合わせ続けてくれる便利な機能です。普段はとても便利なのですが、近くにある小さい物(花びらだとか、枝だとか)を撮るとき、一度ピントが来ても風に吹かれてAFが勝手にシャーシャー動いて困ってしまう時があります。そんな時この「AFロック」が役に立ちます!

使い方は簡単。iPhoneのレンズからある程度距離を取った所を手の甲で塞ぎます。そしてコンティニュアスAFが手の甲の位置に焦点を合わせてくれるのを待ちます。


焦点が合ったら「AFボタン」をオンにします。iPhoneのレンズから手の甲までの距離が実際に撮りたい物とiPhoneとの距離になります。なので何となく覚えておきましょう。準備が出来たら実際に撮りたい物を撮影します。


ぱしゃ! 撮りたい物はバキっと、背景はボッケボケの素敵な写真が出来上がりました。

ヘタな説明ですがなんとなく分かりましたか? 「AFロック」は手の甲との距離によって結構いろいろ遊べます。

さて次は、iPhoneのAFが動作する最短ギリギリの距離を探して「AFロック」します。ロックしたら遠くの物を見てみましょう。ボッケボケになっていると思います。使い道がなさそうですが、夜景撮影で結構面白いことが起きます。


まるーい! かなり綺麗にボケます。


普通に撮るとこんな感じ。まぁ凡って感じで(苦笑)


次回説明予定の「MXP(多重露光)」を使うとまぁ素敵! この時は横浜の赤レンガの所で撮影したんですけど、手の甲を認識できないくらい暗かったんですよ。なので街頭に照らされている地面にピントを合わせて「AFロック」しました。

次はわざと焦点をあわさない撮影。完全に合わせないと何が何だか分からなくなるので、距離を考えながら撮影しましょう。


なんかかわいくないっすか? ちょっとトイデジっぽくて最近ブームです。

いかがでしたか?? AFロック! 遊びましょ〜遊びましょう~♪
では〜

INStanPocket ( AppStoreを開く )

コメント / トラックバック1件

  1. […] シェアした記事⇢【Share】 Auto Focusをロックして、もっとトイカメラっぽく写真を撮る! #i…この使い方はしてなかった!オススメ(屮゚Д゚)屮✨ […]

コメントをどうぞ