極私的INStanPocketのオススメ基本4エフェクト


INStanPocket v2.1がリリースしました。高速化など課題はたくさんありますが、色に関しては自分が望んだトイカメラに相当近づいたなと完成を嬉しく思っています。

さて、今日はINStanPocketに入っているされているエフェクトのお話です。INStanPocketには12種類のエフェクト+4種のトーンノブがあり、大量とは言えませんが沢山の色を作ることができます。好きなパターンがある程度固まっている方は良しとして、最近ご購入いただいた方にとってエフェクトの決定は結構大変ではないでしょうか?

そこで、今日は僕が個人的にオススメする基本エフェクトの組み合わせを4種類紹介します!

【1:全シーン向け】INStanPocketでまず試して欲しいエフェクト
[セッティング図]

ToyStorm。アプリを問わず僕が最も気に入ったエフェクトに付けている名前です。程よいトンネル効果が特徴で、シーンを問わず利用できます。


▲日中


▲屋内


▲夕方(すいませんこれだけフレームが…)

【2:屋外】色を大きく転ばせるCrossProcess
[セッティング図]

先ほどの組み合わせがネガフィルムのトイカメラ一番のオススメエフェクトだとしたら、こちらはクロス現像エフェクトの最高傑作です。お〜トイカメラ!って感じで、晴れの日の屋外でその魅力を爆発させます。ホワイトバランスや露出で雰囲気が変わるのも特徴で、このエフェクト1つで色んな写真を撮ることができます。料理に使うと非常にマズそうになるので注意です! 緑がキツイなぁと感じたらeffect2の”XProBlue”を使ってみましょう。



【3:料理系】唯一(かろうじて)料理も撮れるBrownie+オプションレンズ
[セッティング図]

INStanPocketのエフェクトの中で唯一赤みのあるエフェクトです。トイカメラなので過度の期待は出来ませんが、なかなか雰囲気のある写真を撮ることができます。オプションレンズの出現方法はサポートページをご覧ください。



【4:その他】光と影を楽しむXBleachBypass
[セッティング図]

映画などでよく見る高コントラスト低彩度のBleachBypass。機械や建物なんかを撮るとカッコ良くなります。モノクロ系のエフェクトを使うときはBlur(ボケ)を切るとカリッとして雰囲気が出ることが多いです。



いかがでしたか? エフェクトを切り替えて遊ぶきっかけになると嬉しいです。少しパンチが足りないかな?とか、パンチありすぎかな?と感じたときは、応用としてトーンパネルのContrastやSaturationをいじるとより好みに近づくと思いますのでいろいろ遊んでくださいね!

では〜。

コメント / トラックバック4件

  1. しんこ より:

    わ!素敵な写真いっぱいですね!
    あのパターンが~と嘆かず(笑)アップデートしたインポケも楽しみたいと思います★
    ワクワクするアプリ、ありがとうございます!

  2. natsu より:

    INStanPocketが大好きで、いつも愛用させていただいています!
    しかし前のバージョンでの、faded grapeというエフェクトがすごく気に入ってたのですが、
    新しいバージョンでは同じような雰囲気のエフェクトがなくなったみたいですね。
    復活させる可能性はないのでしょうか>_<
    ちょっとムラサキ?のかかった、あの淡い感じが最強にすてきでした…。

  3. MorokoshiMan より:

    ご連絡ありがとうございます!
    Faded GrapeはRetro Groupのeffect01が全く同じエフェクトです。
    ぜひお試しください。

    よろしくお願いします。

    もろこし

  4. natsu より:

    そうだったんですか!気付かなくてすみません!
    早速試してみます。ご回答ありがとうございます!

コメントをどうぞ